> 新着​情報​詳細

ポリエステル素材の洗い方。

こんにちは、タチハナです。

今回は、ポリエステル素材の洗い方いついてご紹介していきます。


ブラウスなどの多くの衣類に使われているポリエステル素材は

型崩れしにくくシワになりにくいため 洗濯のしやすい素材として知られています。


その他の特徴としては、熱や摩擦に強く乾きやすい合成繊維ですが、 汚れを吸着してしまう性質ももっているため、

汚れがたまりやすく落ちにくいといった面もあります。

また、静電気を起こしやすい素材ですので、

空気が乾燥するこの季節は着用時にパチッとくることも

お洗濯する際には、必ず洗濯表示を確認しましょう。 ポリエステル素材でも水洗い不可の場合もありますので注意が必要です。 襟や袖口などシミが気になる部分には、洗剤を直接付けて軽くもみ洗いするなど 下処理をしてからのお洗濯をおすすめします。 汚れを吸着してしまう性質があるため、汚れがひどいものと一緒のお洗濯は避け、 衣類のサイズにあった洗濯ネットに入れてお洗濯をしましょう。 洗剤は洗浄力の高い弱アルカリ性が良いでしょう。 黄ばみや黒ずみには酸素系漂白剤をお使いください。 汚れだけでなくニオイも吸着してしまい、イヤなニオイが残りやすい性質もあるので ニオイや静電気防止に柔軟剤の使用をおすすめします。 乾燥は天日干しがおすすめですが、

どうしても乾燥機を使う場合は短時間で済ませましょう。 アイロンを使用する場合には当て布をお使いください。 高温すぎる乾燥機やアイロンは、熱に強いポリエステル素材でも縮みの原因になってしまいます。 ポリエステルは取り扱いやすい優れた素材ですが、

いつものお洗濯に少しの工夫やひと手間を加えてみてはいかがでしょうか。

お気に入りのブラウスも長く楽しめますよ。 タチハナではプロが特殊な洗浄方法でクリーニングをしています。 大切な衣類を長くご愛用いただくために、ぜひタチハナへご来店ください。







タチハナのInstagramはこちらから!

こちらも是非、フォローしていただけると嬉しいです(^^)


Instagram:tachihanacleaning(タチハナクリーニング)

→→ https://instagram.com/tachihanacleaning?igshid=b9bdggn7wpw