> 新着​情報​詳細

酸性の汚れと塩基性の汚れ

こんにちは、タチハナです。

今回は【酸性・塩基性の汚れ】についてご紹介いたします。


汚れにも色々な種類があることは以前にもお伝えしていると思いますが、

その中でも酸性と塩基性の汚れがあります。


汚れを落とすには、その汚れに相応しい洗剤を選ぶことが効果的です。

基本的に酸性の汚れについては塩基性の洗剤

塩基性の汚れについては酸性の洗剤が有効とされています。


市販の洗剤には酸・塩基の調整剤が加えられており、

主成分は中性洗剤でも目的によって弱酸性・弱塩基性に調整してあります。


汚れを落とすことだけを目的とするのなら

酸性・塩基性が強い方が効果的ですが、成分が強い場合には手荒れや肌荒れの恐れがあります。



例えば、キッチンの油汚れや体の皮脂汚れなどは塩基性の洗剤である重曹や石鹸が有効的です。

逆に、水垢やサビ、尿石やタバコのヤニなんかには酸性のクエン酸や酢が有効的です。

それぞれの汚れに合わせて洗剤を使い分けることで

汚れの落ちや、衣類へのダメージ、着心地などが変わってきます。


機会がありましたら、ご自宅で使用している市販の洗剤成分をよくご覧になってみてください。



タチハナのInstagramはこちらから!

こちらも是非、フォローしていただけると嬉しいです(^^)


Instagram:tachihanacleaning(タチハナクリーニング)

→→ https://instagram.com/tachihanacleaning?igshid=b9bdggn7wpw